海外ベンチャー企業の最新情報をお伝えする「ベンチャーサーチ」注目の海外ベンチャー企業をご紹介しています。

起業家ならこの4つを今年の初めの1週間でするべきだ

前のページへ戻る

整理整頓 不要な物は廃棄

利益とマーケットシェア拡大のために

ついにクリスマス休暇も終わりを迎え、今年もついに本格的に始まりました。今こそラボに戻って、新鮮、スマートそして効果的なアイデアを組織の発展と成長のために構築するべきです。
どのような規模の企業であったとしても、次の4つのポイントを次の365日で利益とマーケットシェアの拡大を行いたいのであれば、行う必要があります。

・100日プラン

1930年代、フランクリン・ルーズベルト元大統領が大統領執務室での効率性を正確に評価するための手段として、100日プランを考案してから、それは新しく選ばれる大統領たちの伝統として定着しています。このプランは大統領の長期的国家ビジョンをしっかりとサポートする実現可能な短期的ゴールによって構築されます。

起業家の皆さんは自分たちの企業の長期的ビジョンを実現するため、100日プランを生産性と収益性の向上と前進を行うための青写真として作成するべきです。このプランはビジネスオーナーに対して、正確なステップとリソースをゴールの実現のために100のタスクをもたらします。このプランによって長期的ゴールの実現に向けて時間が確保されます。ですから100日プランは起業家に対して実現可能な目標を考え出し、追求すること、そして新年をエネルギー満載で開始することを可能にします。4月半ばの100日プランが終了に近づく時、起業家はその成果を喜ぶことができるのか、まださらに努力を続ける必要があるのかどうかを知ることになります。

・整理整頓

オフィスの運気を上げることやどこに何がしまってあるのかを早く知ることができるようにすることに必要な整理整頓作業は骨が折れますが、必要な作業です。土曜日にチームが入社できるようにして、大きなゴミ箱と高性能シュレッダーをレンタルし、不必要な書類をすべて廃棄処分にし、古くて効率の悪い機材を処分するのです。

チラシ、書籍、製品サンプルや生産性のないアイテムもすべて処分するのです。オフィスが綺麗に整頓されたら、クラウドベースのバックアップシステムを導入し、企業の電子ファイルのリカバリーを便利に、迅速に行えるようにすることです。整理整頓はチームの作業効率を向上させるだけではなく、オフィスの中に流れを生み出し、さらにプロフェッショナルな雰囲気を作り上げることができます。

・クビにするべき社員は今クビにすること

おそらく企業内の効率化を考えている方々はすでに悪い状態を改善しようと尽力していることでしょう。もしくはそこにある問題がいつかは消えてなくなるだろうと願っているだけかもしれません。しかし、どのようにチーム内の使えないメンバーを操縦したとしても、その使えないメンバーがいて、その存在がチームに悪影響を与えていると、ご存知のはずです。

ホリデーシーズンにチームメンバーをクビにするかしないかを考えることに乗り気がしないのは分かりますが、するなら今です。その使えないメンバーが企業にもたらしている生産性の低下、社員モラルの低下、余分な周囲からの補助の必要性、顧客との関係悪化、そして総収入の損失は想像を絶するほど莫大です。ですから今が治療法を見つけるのか、掃除をするのかを決める時なのです。

・価格をさらに上げること

新年の最初の1週間は製品やサービスの料金を見直したり料金を上げたりすることを考える絶好の機会です。あまりに多くの事業主が料金を下げることで企業間競争に勝ち残ろうとしすぎています。その方法は間違いの確率が高いのです。その代わりに、他企業の価格設定のバックグラウンドを分析し、自分の企業の価格の移り変わりを確認します。

そして、いつのタイミングが一番価格を上昇させるのに適しているのかをカレンダーを見返して特定します。そして、どのくらいの範囲まで製品やサービスの質や幅を増やすことができるのかをその価格にすることを正当化するために考える必要があります。もし仮に、まだ利益を望めるスペースがあると確認できるのであれば、それを掴まない手はありません。 楽しく慌ただしい休暇の後、ビジネスオーナーが事業を前進させようとしっかりと考えてみる時間を取ることは妥当な考えです。

新しいビジネスチャンスへ

これらの4つのステップを年の始まりの組織的リブートとして行う気概のある起業家はそのチームに活力を与え、エキサイティングなアイデアを生み出し、革新や成長の新しい機会を作り出すことができるのです。


参考URL
https://www.entrepreneur.com/article/287087