海外ベンチャー企業の最新情報をお伝えする「ベンチャーサーチ」注目の海外ベンチャー企業をご紹介しています。

電子書籍販売戦略セミナー『電子書籍市場の最新動向と販売成功事例』(先着20名 無料)

前のページへ戻る

 

電子出版ベンチャーの株式会社Books&Company (本社:東京都千代田区、 代表取締役:野村 衛 2017年9月創業)は2月21日(水)に『電子書籍ビジネス調査報告書』の共著者である落合早苗氏を招き、 2017年度に実際に「売れた」電子書籍の販売戦略について分析・解説をするセミナーを開催します。 経営者、 デジタル・電子書籍部門の責任者・担当者の方はこの機会にぜひご参加ください。

 

<開催趣旨>
シュリンクする出版業界にあって唯一の成長市場が電子書籍。 いまだに年10%を超える高い伸び率を示しています。 ただ、 紙書籍と比較した場合、 売上や利益に対するインパクトが弱いため、 十分な成果を上げているとは言えない出版社がほとんどです。 特に「文字もの」と言われるジャンルには、 潜在力と比較して、 まだまだ売上が伴っていないのが現状です。

このセミナーでは、 2017年度に実際に売上を伸ばした出版社、 作品にスポットを当て、 「どんな作品が」「なぜ売れたのか」を分析。 最新事例を紹介するとともに、 今後のテクノロジー動向やコンテンツの生かし方などについて、 落合早苗氏に解説していただきます。 質疑応答の時間も多く設けておりますので、 ぜひ貴社の課題を持って、 ご参加ください。

 

<電子出版売上推移>

 

インプレス総合研究所『電子書籍ビジネス調査報告書2017』より

インプレス総合研究所『電子書籍ビジネス調査報告書2017』より

 

<開催内容>

【日時】2月21日(水)15:30~17:30 参加費/無料

文化産業信用組合本店

文化産業信用組合本店

【場所】文化産業信用組合 3F会議室(千代田区神田神保町1-101)

【主催】株式会社Books&Company

【テーマ】『電子書籍市場の最新動向と販売成功事例』
1)人工知能(AI)を活用した最新サービス事例とは
2)電子書籍の読者に異変あり!?20代女性読者の傾向
3)リアル書店が運営する電子書籍ストアの問題とは?
4)プロモーションは深夜に仕掛ける、 は本当?
5)既刊本のマイクロコンテンツ化で成功した事例
6)自社作品を最新テクノロジーで生かす方法
7)質疑応答
(内容は一部変更になる場合があります)
【申し込み】Pietix  https://peatix.com/event/342640

 

<落合早苗氏>
O2O Book Biz株式会社 代表取締役社長

出版社、 IT関連会社などを経て2009年より(株)hon.jp代表取締役社長。2015年6月に会社分割を実施、新会社O2O Book Biz(株)を設立。

O2O Book Bizでは電子出版系のマーケティング、コンサルティングを主業務とし、日本出版インフラセンター・出版情報登録センター運営支援や電子図書館システムのメタデータ整備等のインフラ回りから出版物のプロデュースや販売促進まで出版全域に幅広く対応。
日本ペンクラブ言論表現委員会副委員長, 日本出版学会会員
共著:『電子書籍ビジネス調査報告書2017』(インプレス総合研究所編/インプレス)など。

 

<株式会社Books&Company について>
「最新の技術を使い、 人類の普遍的な価値を残す」「時代に即した新しい作品を広く読者に提供する」ことをミッションとして、2017年9月に設立した電子出版ベンチャーです。紙書籍のまま埋もれている良質な作品を読者に提供すると同時に、テクノロジーの力で顧客(出版社様)の課題解決に貢献します。

 

<会社概要>
代表者/野村 衛
住所/東京都千代田区神田神保町2-2
電話/03-6272-3535
サービス内容/電子書籍制作・配信 販売促進支援 編集支援システム開発
所属団体/日本電子出版協会 日本出版学会
ホームページ/  http://www.books-company.com
問い合わせ/  info@books-company.com