海外ベンチャー企業の最新情報をお伝えする「ベンチャーサーチ」注目の海外ベンチャー企業をご紹介しています。

TIS、AI関連ベンチャー企業へ出資する「AI特化コーポレートベンチャーキャピタル」を新設

前のページへ戻る

TISインテックグループのTIS株式会社(本社:東京都新宿区、 代表取締役社長:桑野 徹、 以下 TIS)は、 AI(人工知能)関連のベンチャー企業への出資を行う「AI特化コーポレートベンチャーキャピタル」(以下 AI-CVC)を新設したことを発表します。 「AI-CVC」は、 TISの既存の「コーポレートベンチャーキャピタル」より出資枠の上限を拡大し、 AI分野に特化したベンチャーキャピタルです。

出資対象は、 アーリーからミドルステージの急成長期にあるAI関連のベンチャー企業を想定し、 「AI特化コーポレートベンチャーキャピタル投資委員会」が発掘から最終決定までの出資判断を、 最短1ヶ月程度で行います。

 

<「AI-CVC」の全体像>

 

「AI-CVC」の特長は、 AI関連サービスの展開やAIビジネスに興味を持つ顧客基盤や多様なパートナーとのパイプを持つTISの中で、 AI専門の技術集団であるAIサービス事業部が多面的な支援を行い、 ベンチャー企業と連携しながらマーケットにアプローチが出来る点です。
出資先の企業への資金提供に加えて、 TISのエンジニアなどの“ヒト”や、 ワークスペースやIT資産などの“モノ”の提供も行います。 “ヒト”の支援では、 ベンチャー企業が求める人材をTIS社内で募集し、 当該ベンチャー企業へ出向する支援も行います。
また、 出資後も新規ビジネス立ち上げの迅速化を図るため、 PDCA管理、 顧客ネットワークの活用やTIS社内事業部門との連携支援など、 単なる出資に留まらない手厚いサポートを行います。

 

TISでは、 「AI-CVC」を活用しAI関連ベンチャー企業への出資を積極的かつスピーディに行い、 新たな事業シナジー効果を実現する戦略的な出資活動を実施していきます。

 

■「AI-CVC」新設の背景
TISでは、 ベンチャー企業との事業シナジーによる事業拡大、 「オープンインベーション」によるコラボレーションビジネスの強化を目的に、 ベンチャー企業への出資を行う「コーポレートベンチャーキャピタル」を設立しました。 これにより様々な出資を実施していく中で、 技術進歩がめざましく各企業から注目度の高いAI分野においては、 特にスピーディな判断とベンチャー企業との密接な連携が重要であると判断し、 「AI-CVC」を新設しました。
「AI-CVC」新設に先行してベンチャー企業Fairy Devices株式会社(本社:東京都文京区、 代表取締役:藤野真人、 以下 フェアリーデバイセズ)への出資を実施し、 同社と連携して大手顧客向けPOCや実際のサービス提供も開始しています。

TISは、 出資先企業のイノベーションと、 TISや顧客のビジネスをマッチングすることでイノベーションの収益化を実現し、 それを再投資することで、 ベンチャービジネス、 TIS、 お客様による「イノベーションのエコシステム」の構築を目指します。

 

■フェアリーデバイセズへの出資
TISは、 「AI-CVC」に先立ち、 音声コミュニケーションベンチャー企業であるフェアリーデバイセズへ出資を行いました。
出資以前より、 TISではフェアリーデバイセズのスマートスピーカー「Fairy I/O Tumbler」に自社サービスを組み合わせた音声ソリューション「AISonar」を展開しています。 TISでは、 両社の関係を一層強固にし、 「AISonar」のみならずフェアリーデバイセズの保有する音声認識技術・意図解釈技術と連携したソリューションの今後の展開の為に、 出資を行いました。

 

■Fairy Devices株式会社について
フェアリーデバイセズは、 「使う人の心を暖かくする一助となる技術開発」をコーポレート・アイデンティティとして掲げる東京大学発のベンチャー企業です。 音声信号処理、 音/音声認識と関連する機械学習諸分野の応用研究開発、 及び対話システム・UXデザインの設計と評価に強みを持ち、 これらの分野における、 共同研究開発事業、 ライセンス事業、 コンサルティング事業、 及びクラウドAPIサービスである「mimi(R)」のサービス提供事業、 及び「mimi(R)」に最適化された音声入出力ハードウェア製品シリーズである「Fairy I/O™」システム提供事業を主要事業としています。 詳細は以下URLをご参照下さい。 http://www.fairydevices.jp/

 

TIS株式会社について
TISインテックグループの TIS は、 SI・受託開発に加え、 データセンターやクラウドなどサービス型の IT ソリューションを多数用意しています。 同時に、 中国・ASEAN 地域を中心としたグローバルサポート体制も整え、 金融、 製造、 流通/サービス、 公共、 通信など様々な業界で 3000社以上のビジネスパートナーとして、 お客様の事業の成長に貢献しています。 詳細は以下をご参照ください。 http://www.tis.co.jp/

 

TISインテックグループについて
TISインテックグループはグループ会社約60社、 2万人が一体となって、 それぞれの強みを活かし、 日本国内および海外の金融・製造・サービス・公共など多くのお客さまのビジネスを支えるITサービスをご提供します。

※ 記載されている会社名、 製品名は、 各社の登録商標または商標です。
※ 記載されている情報は、 発表日現在のものです。 最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。