海外ベンチャー企業の最新情報をお伝えする「ベンチャーサーチ」注目の海外ベンチャー企業をご紹介しています。

失敗したくない人のための起業の秘訣は「●●を見つける力」

前のページへ戻る

お金なし・特技なし・人脈なしでも成功しやすい起業の仕方を若手連続企業家が伝授!

10月15日に大和書房より刊行の福山敦士著『初年度から1000万円売り上げるゼロからの起業術』をご紹介します。

ゆくゆくは独立したいと思っている。 起業に興味があるけど、 まわりに話を聞ける人が誰もいない。
そんな悩みをお抱えではありませんか?

起業に必要なもの、 と言えば何が思い浮かびますか? 人脈/お金/発想力/興味・関心/市場への理解/課題解決力/情熱……。 極論すれば、 これ、 全部必要ではありません。 いざ起業をしてしまえば、 これらは努力によって後からきちんとついてくるものです。

それよりも大切なのは、 「課題発見力」だと著者は言います。

ものや情報が溢れている今の世の中。 選択肢が多すぎて、 選びきれない!と思ったことはないでしょうか。 だからこそ、 先に商品を作ってしまって市場に出すより、 お客さま自身は気づいていない潜在的な悩みや問題を引き出して、 それを解決する商品をつくるというやり方がビジネスの起ち上げ時には安心なやり方です。 そう、 先にお客さまを見つけてしまうのです。 いくらいい商品があっても、 お客さまがいないことには売り上げは生まれません。

「困った!」「どうしよう」「使い心地が悪い」「時間がかかる」……
意外とあなたのすぐそばに、 ビジネスの種は落ちているのかもしれません。
 

——–
このほか、 本書では起業したい読者に向けて、 スタートアップ起業家・上場起業役員である著者が、 準備として必要なこと、 営業のしかた、 値段のつけかたなどを網羅的に丁寧に解説。
「ゆくゆく起業」を「いますぐ起業」に誘う1冊、 ぜひご一読ください。

●目次
PART1 会社員時代にやっておきたいこと

PART2 お客さま起点で商品を練る

PART3 値段を決める

PART4 自分の広報活動をする

PART5 最低限の知識を知る

PART6 営業活動をする

PART7 目標を管理する 

●著者略歴
上場企業役員/スタートアップ経営者。
1989年横浜市生まれ。 慶應義塾大学環境情報学部を卒業。 新卒でサイバーエージェントに入社。 1年目からグループ会社の起業に参画し、 社内新人賞受賞。 25歳でグループ会社の取締役に就任。 営業部長を兼任し、 3年で売り上げ10億円の達成に貢献する。 27歳で独立し、 株式会社レーザービームを創業。 クラウドソーシングサービスを起ち上げ、 28歳で東証一部上場企業の株式会社ショーケース・ティービーにM&A。 29歳で同社最年少執行役員に就任。 連続起業家として20代で2度のM&Aを実行。 「営業を学問にする」活動の一環として2018年から大学院にて講師を務める。 起業志望のビジネスパーソンのための勉強会も開催する、 学生時代は16年間野球ひと筋。 小中高大全てで全国大会出場。 高校時代は甲子園ベスト8

●商品情報
タイトル:初年度から1000万円売り上げる! ゼロからの起業術
著者名:福山敦士
出版社:大和書房
造本:四六判、 224頁、 2色、 並製
http://u0u0.net/MSpl