海外ベンチャー企業の最新情報をお伝えする「ベンチャーサーチ」注目の海外ベンチャー企業をご紹介しています。

創業3年目の日本酒ベンチャーWAKAZEの主要商品、GINZA SIX内「いまでや銀座」でのお取り扱い開始!

前のページへ戻る

12月20日(木)1杯からお試しいただける角打ちイベントを実施します。

株式会社WAKAZE(代表取締役:稲川琢磨、 以下WAKAZE)の主要ブランド「ワイン樽熟成の日本酒《ORBIA(オルビア)》」と「和が薫るボタニカルSAKE《FONIA(フォニア)》」の、 GINZA SIX(ギンザシックス)B2F「いまでや銀座」でのお取り扱いが開始します。
現在WAKAZEの商品は全国100店舗を超える酒販店で販売されており、 この度、 銀座から日本のみならず世界に向けて「ものづくり」の素晴らしさを発信する「いまでや銀座」にて、 新時代の「SAKE」を提案いたします。

WAKAZEは2016年の創業以来、 「日本酒を世界酒に」をミッションにこれまでになかった革新的なお酒を開発し続けてまいりました。 2018年は日本酒の醸造過程で柚子や山椒など、 日本の柑橘やハーブを取り入れた「ボタニカルSAKE《FONIA》」を開発し販売開始。 たくさんの反響をいただいております。

また、 国内外での販路も拡大しており、 日本国内では100を超える酒販店にて販売され、 さらに海外ではアメリカ・ニューヨーク、 フランス・パリを含む6つの国と地域に展開しています。 海外での日本酒ブームが叫ばれる中、 和食のみならずフレンチ、 イタリアンなどの洋食ともペアリングできるWAKAZEのお酒は、 海外でも飲食店関係者をはじめ多くの方から高い評価をいただいております。
【参考:NHK WORLD JAPAN RISING「Sake Reimagined: Taking On the World – Sake Innovator, Takuma Inagawa」( https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/tv/rising/20181108/2042073/ )】

 この度、 GINZA SIX内「いまでや銀座( https://ginza6.tokyo/shops/1000 )」でのお取り扱いがスタートします。 GINZA SIXは日本国内のお客様のみならず、 海外からのお客様も多く来店し、 日本文化の発信拠点となっております。 「いまでや銀座」はお酒1本1本にこめた造り手の想い、 物語を伝えるフラッグシップストアです。 革新的な日本酒造りにかけるWAKAZEの想い、 情熱を銀座から世界に発信していきます。

販売開始に合わせ、 12月20日(木)、 「いまでや銀座」にて角打ちイベントを実施いたします。 新時代の日本酒を、 1杯からぜひお試しください。

  •  

    日時:12月20日(木) 18:00~20:00

  •  場所:GINZA SIX B2F「いまでや銀座」 東京メトロ銀座駅徒歩2分

  •  提供商品:1杯600円~

    • ワイン樽熟成の日本酒《ORBIA》  LUNA/SOL/GAIA

    • 和が薫るボタニカルSAKE《FONIA》 SORRA/TERRA

 

株式会社WAKAZE


創業      :2016年1月
代表      :稲川琢磨
所在地   :山形県鶴岡市末広町5-22 マリカ西館201
(東京事務所:東京都世田谷区太子堂1-15-12 301)
事業      :新しい酒の開発、 販売
URL     : http://wakaze.jp/
WAKAZEは「日本酒を世界酒に」をミッションに活動するベンチャー企業です。 これまで「委託醸造」という形で自社の商品を開発・販売し、 「ワイン樽熟成の日本酒《ORBIA(オルビア)》」や「ボタニカルSAKE《FONIA(フォニア)》」など革新的なお酒を世に送り出してきました。 2018年7月には東京・三軒茶屋にて自社醸造所と併設飲食店をオープン、 新時代の「SAKE」の開発と発信を行なっております。 2019年にはフランスで醸造所立ち上げ予定。