海外ベンチャー企業の最新情報をお伝えする「ベンチャーサーチ」注目の海外ベンチャー企業をご紹介しています。

アプリ分析プラットフォーム「App Ape」、野村総合研究所に導入

前のページへ戻る

~デジタルトランスフォーメーションに向け支援の幅を広げる~

 フラー株式会社(本社:千葉県柏市、 代表取締役:渋谷 修太・櫻井 裕基、 以下「フラー」)は、 このたび株式会社野村総合研究所(本社:東京都千代田区、 代表取締役社長:此本 臣吾、 以下「野村総合研究所」)に、 アプリ分析プラットフォーム「App Ape(アップ・エイプ)以下「App Ape」」を導入いただきましたことをお知らせいたします。

野村総合研究所のお客様のデジタルトランスフォーメーションを強力に支援。

スマートフォンの普及に伴い、 スマートフォン(以下、 「スマホ))上の生活者の行動をデータから把握することは、 企業のデジタルトランスフォーメーションの推進において不可欠となっています。

今般、 フラーは、 野村総合研究所にApp Apeを導入することにより、 デジタルトランスフォーメーションに取り組む様々な企業の課題解決を支援する同社のサービスの付加価値をさらに高めるお手伝いをさせていただくことになりました。

App Apeとは?アプリユーザーを最も理解できるサービス

 App Ape(アップ・エイプ)は、 スマホアプリの実利用データを提供する、 国内No.1*のアプリ分析サービスです。 (*Fastask調べ)
 テレビにおける視聴率情報のスマホ版のような位置付けで、 どのアプリがいつ・誰に・どのくらい使われているかといったデータをご覧いただけます。 データは国内のみならず、 世界7カ国に対応しております。
 スマホアプリの実利用データに加え、 ストア情報や属性情報など横断的なデータを提供しており、 市場・競合調査を始めとするアプリの企画・マーケティングに 幅広くご利用いただけます。
アプリ開発会社や広告代理店・金融機関など、 アプリに関わる法人・個人様にご活用いただいており、 これまでに国内外5,000社以上の企業・団体様にご利用いただいております。

App Apeの詳細ページ: https://ja.appa.pe/

 フラーは今後も、 スマホユーザーを最も理解できるサービスを提供することで、 お客様の意思決定を確かなものにしてまいります。  

ご参考)

株式会社野村総合研究所
 野村総合研究所は、 1965年に日本初の本格的な民間総合シンクタンクとして誕生した「旧野村総合研究所」と、 1966年に日本で初めて商用コンピュータのビジネス利用を実現してきた「野村コンピュータシステム」が1988年に合併して誕生。 2001年に東京証券取引所第一部に上場しました。 現在、 リサーチ、 マネジメントコンサルティング、 システムコンサルティングなどからなるコンサルティングサービスと、 情報システムの開発・製品販売、 運用サービスおよび関連するサービス商品販売からなるITソリューションサービスを一貫して提供するサービスを展開しています。

フラー株式会社
住所: 千葉県柏市若柴 178 – 4 柏の葉キャンパス 148 – 2 KOIL 共同代表:渋谷 修太、 櫻井 裕基
設立日: 2011年11月15日
事業内容: スマートフォンアプリ分析支援事業、 スマートフォンアプリ開発支援事業
URL: https://fuller-inc.com
本件に関するお問い合わせ先:広報窓口・杉山  pr@fuller.co.jp / TEL 04-7197-1699