海外ベンチャー企業の最新情報をお伝えする「ベンチャーサーチ」注目の海外ベンチャー企業をご紹介しています。

ティフォン累計調達額約13億円に。TBS、オー・エル・エム・ベンチャーズ、セガサミーホールディングスを中心とする第三者割当増資を実施し、総額約780万ドル(約8億6千万円)を調達。

前のページへ戻る

「ティフォニウム」の国内外出店を加速。「ティフォニウム LA店」今秋オープン予定。

次世代VRエンターテインメント施設「ティフォニウム(Tyffonium)」を展開するティフォン株式会社(本社:東京都港区、 代表取締役:深澤研)の100%親会社であるTYFFON Inc. (本社:アメリカ合衆国カリフォルニア州、 CEO:深澤研)は、 株式会社東京放送ホールディングス(TBS)(東京都港区:代表取締役社長 佐々木卓)をリード投資家として、 株式会社オー・エル・エム・ベンチャーズ(東京都世田谷区:代表取締役 横田秀和)のファンドOLM No.1 Investment Limited Partnershipと既存投資家であるセガサミーホールディングス株式会社(東京都品川区:代表取締役社長グループCOO  里見治紀)への第三者割当増資を実施し、 総額約780万ドル(約8億6千万円)の資本・業務提携契約を締結いたしました。 本調達によりティフォンの累計調達額は約13億円になりました。 なお、 各社の出資金額および出資比率は非公開としております。
 

調達資金は主に国内外のティフォニウム出店と、 高クオリティコンテンツの製作資金に充当される予定です。 今秋には海外進出の第一号店として、 米国サンタモニカに海外初旗艦店となる「ティフォニウム LA店」のオープンを予定しております。

 

2017年10月にオープンした「ティフォニウム」(お台場・ダイバーシティ東京 プラザ 5F)では、 累計の来場者数が約6万人に到達する勢いで、 今後ますます注目を集める体験型のVRエンターテインメント業界を、 独創的な発想と技術で牽引してまいります。