海外ベンチャー企業の最新情報をお伝えする「ベンチャーサーチ」注目の海外ベンチャー企業をご紹介しています。

タビナカ社、ハワイ旅行会社「HOP」を買収

前のページへ戻る

海外現地ツアー・アクティビティの予約サイト「タビナカ」を運営する株式会社タビナカ(本社:東京都渋谷区、 代表取締役:三木 健司)は、 ハワイの現地ツアー会社Wakeboard School Hawaii, Ltd.(本社:米国ハワイ州、 代表取締役:河野 啓司、 商号:HOP)の発行済み全株式を取得し完全子会社化しました。

HOPは1990年に設立された現地ツアー会社です。 月間約3000人に利用され、 特にハナウマ湾ツアーはトップクラスの催行実績数を持っています。 25人乗り以上無制限のPUCライセンス(1653-C)を所有し旅行者を手広くサポートしてきた28年の伝統あるツアー会社です。

HOPではバーチャルガイドアプリを独自開発し、 ガイド業務の最適化・生産性向上に力を入れています。 今後はテクノロジーを活用したプロダクト開発を加速することでツアー業務に関わる煩雑な作業を減らし、 旅行者体験の本質価値向上に努めてまいります。

<HOP代表取締役 河野 啓司からコメント>

今までハワイで20年以上現地ツアー会社を運営してきましたが、 この旧態依然とした業界で、 これからどうやって会社を成長させていくかを考えた上で選んだのがタビナカでした。 彼らの強みであるマーケティング力や企画力とこの20年培って来た現地での信頼をかけ合わせて、 変化の激しい旅行者ニーズに沿う最高の旅行体験を作っていければと考えています。

<タビナカ取締役COO 今野 珠優からコメント>

HOPは提携会社として2年に渡り旅行者の斡旋を行っていました。 利用者からの評判が極めて高く、 業務合理性と旅行者体験の本質的価値を考え抜いて運営されてきた会社と思います。 28年の伝統と社員の皆さんの想いをのせ、 ハワイ発で文字通り「地に足のついた」着地型観光テクノロジーの開発を進められることが楽しみです。

<株式会社タビナカについて>

「タビナカ(旅中)」における海外現地ツアーの商品製造、 販売、 サービス開発を行なっています。 「地球はもっと楽しくなる」をビジョンに掲げ、 世界7拠点(東京、 バリ島、 ハワイ、 台北、 セブ島、 アメリカ、 バンコク)に法人を持ちサービスを展開しています。

■河野 啓司(こうの たかし) HOP代表取締役

ハワイ在住18年。 元はシリコンバレーで旅行業向システムエンジニア。 HOPを通じて素晴らしいハワイの魅力をより多くの人々に体験してもらいたいとの思いでアクティビティやツアーを提供してきました。 これからは、 次世代の人に魅力溢れるハワイをよりたくさん体験してもらうべく、 若いエネルギーが充満するタビナカ傘下に入ることを決断しました。 これからがとても楽しみです。

■今野 珠優(こんの しゅう)取締役COO/総合旅行業務取扱管理者

大学卒業後、 大手旅行ベンチャー勤務を経て23歳のときに教育事業で起業。 全国3都市6拠点に学習塾兼研究所を置く。 2015年11月、 着地型観光の可能性と「安心して挑戦できる世界を創る」というビジョンに共鳴し、 株式会社タビナカ参画。

【会社概要】
■会社名    株式会社タビナカ
■所在地    〒150-0012 東京都渋谷区広尾5-19-10 WILL HAGIYA BUILDING 3F 4F
■設 立    2014年1月
■代表取締役  三木 健司
■Webサイト  https://corporate.tabinaka.co.jp

■会社名    Wakeboard School Hawaii, Ltd.
■所在地    6700 Kalanianaole Highway, Suite 108 Honolulu, Hawaii 96825
■設 立    1990年8月
■代表取締役  Takashi Kono
■社員数    15名
■受賞歴    99年度ファーステスト50
■Webサイト   https://www.hoptours.com/