海外ベンチャー企業の最新情報をお伝えする「ベンチャーサーチ」注目の海外ベンチャー企業をご紹介しています。

世界最大のARコミュニティ「AWE」の東京支部「AWE Nite Tokyo」が発足!Graffity・MESON・ENDROLLの3社が共同設立、6月には初のミートアップも。

前のページへ戻る

株式会社ENDROLL(本社:東京都品川区、 代表取締役:前元 健志、 以下 ENDROLL)はGraffity株式会社(本社:東京都渋谷区、 代表取締役:森本 俊亨、 以下 Graffity)、 株式会社MESON(本社:東京都渋谷区、 代表取締役:梶谷 健人、 以下 MESON)との3社で、 世界最大のARコミュニティ「AWE(Augmented World Expo)」の東京支部「AWE Nite Tokyo」を設立しました。

また、 同時にAWE Nite Tokyoの代表としてGraffity株式会社の斉藤、 オーガナイザーとしてGraffityの森本、 MESONの梶谷と小林、 ENDROLLの前元と大島が就任しました。

【AWEについて】

AWE (Augmented World Expo)は、 アメリカ、 アジア、 イスラエル、 ヨーロッパで定期開催されている、 世界で最大のAR / VRカンファレンス・EXPOです。
様々な領域で活躍するXR業界のトップランナーが一堂に会し、 見て・触れて・学ぶことによる発見やパートナーシップに繋がる機会を提供します。
また、 定期開催のイベントだけでなく、 世界各地にAWE Niteと呼ばれるローカルコミュニティが存在しており、 ミートアップを定期開催しております。

【AWE Nite Tokyoについて】

AWE NiteはAR業界を発展させることを目的に作られた、 AWE発のコミュニティです。 サンフランシスコ、 シカゴ、 ニューヨーク、 トロントを始めとする世界各地にローカルチャプターが存在し、 互いに連携して活動しています。

各チャプターには開発者、 クリエイター、 投資家、 起業家など、 AR業界に関心がある様々な立場の人が集まり、 各地域のAR関連活動を活性化させるハブの役割を果たします。

そして今回、 東京から日本そして世界のAR業界を牽引するため、 TokyoチャプターがAWE Niteの新たな一員として加わりました。
共にAR業界を盛り上げて行きたい方は是非、 AWE Nite Tokyoのコミュニティやイベントに参加してください!

・Facebookコミュニティ
https://www.facebook.com/groups/509288232938835/
・Connpassコミュニティ
https://awenitetokyo.connpass.com/

【AWE Nite Tokyo Event #1について】

現地時間の2019年5月29日~5月31日の3日間、 アメリカ合衆国カリフォルニア州サンタクララで世界最大のxRカンファレンスであるAWE USAが開催されます。
AWE Nite運営メンバーが実際に現地に飛び、 AWEを視察してきます。 AWE Nite Tokyoの初回ミートアップとして、 AWE USA報告会と題して現地で得た最新の情報をお伝えいたします。

・AWE Nite Tokyo Event #1参加登録はこちら
https://awenitetokyo.connpass.com/event/129925/

【メンバー紹介】
・GRAFFITY Game Director 斉藤 翔太

Graffity Inc. Game Director 戦略コンサルというハードワークな環境下でも、 ソシャゲとコンシューマーゲーをプレイすることだけは欠かさなかったゲーマー 2018年4月にGraffityに参加したあとは、 マーケティングや営業などの役割を担当したのち、 ゲームに対する情熱でDirectorに就任 基本はストーリーが充実しているゲームが好きだけど、 友達とわいわいFPSやるもの大好物、 気軽に誘ってもらえると喜びます!

・GRAFFITY CEO 森本 俊亨

1994年生まれ。 慶應義塾大学理工学部情報工学科にて機械学習を研究。 ABEJA経営陣直下でのAI事業開発、 PKSHA Technology AIアプリケーション開発、 ドワンゴAIラボにてDeepLearningを利用した動画の次時刻予測の研究開発を経験。 その後、 2017年8月に同社を創業し、 2018年12月に世界初のARシューティングバトル「ペチャバト 」をリリース。

・MESON CEO 梶谷 健人

ARクリエイティブスタジオMESONの代表。 ARサービスのプランニング・体験デザインを主に手がける。 大手グローバルブランドを含む複数企業にサービスデザインとグロースのコンサルティングも行っている。 「いちばんやさしいグロースハックの教本」(Amazon.jpのマーケティング・セールス一般カテゴリ1位)の著者。 2015年末まではVASILYでiQONという女性向けファッションサービスのGrowthを担当。 インド・アメリカにて現地スタートアップ向けにサービスデザインとグロースのメンタリング業務も経験。

・MESON COO 小林 佑樹

大学院にてソフトウェア工学を研究し、 プログラミング言語に自然言語処理のアプローチを適用し、 ソースコードの綺麗さを確率的に評価する手法を提案。 大学院を卒業後、 代表の梶谷とMESONを創業。 COOとして事業開発をする傍、 エンジニアとしてARプロダクト開発なども手がける。 「ARおじさん」という名前でTwitter上でARに関する情報発信などを行なっている。 MESONで開発したサービスがAWSに評価され、 Startup Architecture of the Year 2018にて賞を受賞。

・ENDROLL CEO 前元 健志

特定非営利活動法人AIESEC in Japan事務局次長として、 1600人規模の組織開発および国内各支部の経営コンサル業務に従事。 その後大学を中退し、 WebVRのコンテンツ制作を手がけるベンチャー企業ににジョイン。 歴代最年少部長職として新規事業開発を担当した後、 同社を創業。 これまでテレビやスマホのディスプレイの中に収まっていたゲームの可能性を解き放ち、 「所詮はゲーム」で終わらない体験を作っています。

・ENDROLL COO 大島 佑斗

特定非営利活動法人AIESEC in Japanにて学生へのWebマーケティングの知識啓蒙に従事した後、 Webマーケティングメディアferretにジョイン。 メディアグロースとマーケティングチームの立ち上げを担当した後、 freee株式会社の法人向け会計ソフトのマーケティング室を経て、 同社を設立。 「村人Aに魂を吹き込む」というミッションのもと、 ARを用いた没入型エンターテイメントを立ち上げている。 5/16(木)~6/15(土)よりARリアル謎解きゲーム「渋谷パラレルパラドックス」を開催中!