海外ベンチャー企業の最新情報をお伝えする「ベンチャーサーチ」注目の海外ベンチャー企業をご紹介しています。

業務改善で、社内通貨「Edge Coin(エッジコイン)」が貯まる!

前のページへ戻る

―貯めたCoinでランチが無料に?―

AeroEdge株式会社(本社:栃木県足利市 代表取締役社長:森西淳、 以下「AeroEdge」)と株式会社Orb(本社:東京都港区、 代表取締役:藤本守、 以下「Orb」)は、 スマートフォンを活用した社内通貨「Edge Coin」の運用を開始します。

■社内通貨「Edge Coin(エッジコイン)」とは

「Edge Coin」は、 AeroEdge社内で利用可能な電子通貨で、 スマートフォンにて利用が可能です。
Edge Coinを利用するには、 「社内業務改善の提案」から始まります。 生産性向上や、 コスト削減、 品質向上などに寄与する業務改善を提案し、 その企画や実績の評価によってCoinが付与され、 貯めたCoinは社員食堂で利用することが可能です。
この取組によって、 社員の福利厚生の向上を図るとともに、 社内業務改善活動の促進を目指します。 また、 この通貨には、 Orbのコミュニティ通貨プラットフォームである「Orb DLT」*1を採用しています。

■社内通貨「Edge Coin」の目的と今後の展望

・Edge Coinの目的は…
社内業務改善提案の促進と社員の福利厚生の向上を目的としています。 例えば、 「美味しいランチを無料で食べられるよう、 改善できる業務を探そう!」というような気持ちで、 業務改善を提案するきっかけを提供したいと考えています。 改善提案の評価はCoinという目に見えて分かる形で蓄積されていき、 その履歴は自身の取り組みの蓄積も意味します。

・今後の展望
将来的には、 社員間同士で感謝の気持ちを交換し合う「Thanks Coin(サンクス コイン)」や、 Coinを活用した社員間業務委託など、 社員自らが業務効率・改善のために考えるツールとしてEdge Coinを活用し、 これまで見えていなかった社員の功績の見える化を進めていくとともに、 社員各々の自主性と創造性を尊重した企業文化を熟成していきたいと思います。
また、 栃木県内にてコミュニティ通貨・地域通貨を活用した地域活性化施策を検討していきます。

 

                        ***

AeroEdge(エアロエッジ)は、 世界の航空業界でナンバーワンを追求する技術集団です。 栃木県足利市に本拠を置く2016年創業の小さな企業が、 航空機エンジン製造大手のフランス企業(Safran Aircraft Engines社)から次世代航空機用エンジン「LEAP」に搭載されるタービンブレードの国内初の長期量産サプライヤーに選定され、 現在その生産体制の構築を加速しています。 AeroEdgeは製造業に軸足を置きながら環境の変化に迅速に対応し、 常にリーディングエッジであり続けること、 一人ひとりが自主性・創造性を発揮し、 他人がやっていない新しいことに果敢に取り組み、 新しい価値を創出すること、 社会と人々の幸せに寄与することを使命に「ゼロからイチを創る」活動を推進しています。
https://aeroedge.co.jp/

                        ***

株式会社Orbは、 「Empower Community Based Economies」という理念のもと、 独自の分散台帳技術「Orb DLT」を活用したソリューションを提供するFintech企業です。 コミュニティ通貨、 コミュニティ決済事業を中心に行なっており、 これまで「UC台場コイン」、 「Sコイン」「NISEKO Pay」等の実績があります。
https://imagine-orb.com/

*1 Orb DLTとは…
独自の分散台帳技術(DLT)を用いた、 コミュニティ通貨プラットフォームです。 様々な性格の独自通貨を発行し、 実店舗等での決済や送金などに利用することが可能です。 通貨には、 ボーナスポイント付与、 減価、 タイムセール、 他コインへの変換等の様々な動きを持たせることが出来るため、 様々なコミュニティ・地域などでニーズに合わせた通貨設計が可能です。 多くのコミュニティ通貨・地域通貨・仮想通貨・ポイント・社内通貨決済等にて利用されていくことを目指しております。

                      

本件に関するお問い合わせ先:
AeroEdge株式会社 人事広報課 担当:荻野
電話:0284-22-3263(直通:内線203) メール: ae-pr@aeroedge.co.jp