海外ベンチャー企業の最新情報をお伝えする「ベンチャーサーチ」注目の海外ベンチャー企業をご紹介しています。

遅刻はかなり悪い印象!?社会人は遅刻をしないことが当たり前!?社会人で遅刻の経験が「一度もない」人は87%と大多数の人が遅刻をしたことがないことが判明!

前のページへ戻る

ベースメントアップス株式会社が、「社会人の遅刻についての調査」を実施しました。

【調査概要:仕事に関する意識調査】
■調査日   :2019年7月1日 ~2019年7月8日
■調査方法 :インターネット調査
■調査人数 : 103名
■調査対象 :社会人

ベースメントアップス株式会社が運営する、 より良い条件で退職するためのノウハウや情報がまとめられたサイト『退職の前に読むサイト』 https://taisyokuagent.com 編集部は、

「社会人は月に何回くらい会社に遅刻する?」

について調査しました。

時間や約束を守ることは社会人として当たり前のことだと思います。 しかし、 人間は完璧ではないので、 寝坊してしまうこともあると思います。

前日の飲み会や残業などで夜寝るのが遅くなってしまう日

は特に寝坊してしまうリスクが高まると思います。 遅刻をしてしまい、

上司に怒られている同僚

を見たことがある人もいるのではないでしょうか?

そもそも、 社会人として時間を守ることが当たり前であるならば、 会社に遅刻する人はほとんどいないのでしょうか?

そこで、 今回は社会人に対して、

「社会人は月に何回くらい会社に遅刻する?」

についてアンケートを取りました。 それでは、 下記グラフをご覧ください。
 

【退職の前に読むサイトから引用: https://taisyokuagent.com

「月に何回くらい会社に遅刻しますか?」と質問したところ、

「一度もない」-87%、 「2回以上」-7%、 「1回」-6%

という結果となりました。 (未回答有り)

調査結果から、 遅刻経験がある人が非常に少なく、

社会人で会社に遅刻してしまう人はかなり少数派

であることがわかりました。 遅刻をすることが少数派であることから、 遅刻したことによる悪い印象は根強く残ってしまうリスクも考えられます。 なので、 より一層、 気をつけたいところです。

逆に、 「1回」と答えた人より、 「2回以上」と答えた人の方が多いことから、

遅刻は癖

になってしまうことも考えられます。 そのため、 上司は遅刻をした部下に対して、

今後遅刻をしないための対策

を決めさせていると思います。

下記記事では、

遅刻をしないための予防策

を紹介しているで読んでみてください。
https://taisyokuagent.com/articles/376
 

  • 関連サイト

■ベースメントアップス株式会社: https://basementapps.tokyo
■退職の前に読むサイト: https://taisyokuagent.com
■お問い合わせ: https://basementapps.tokyo/contact