海外ベンチャー企業の最新情報をお伝えする「ベンチャーサーチ」注目の海外ベンチャー企業をご紹介しています。

ローコストのクラウド型アプリ開発プラットフォーム

前のページへ戻る

開発コストはYappliの1/10

日本で唯一のクリエイティブプラットフォームを全国展開しているドコドア。
そのドコドアが、 2019年7月にクラウド型アプリ開発プラットフォームの「アプリモ」をローンチいたしました。 これは従来300-1,000万円かかっていた一般的なビジネス系アプリを33万円から提供できる画期的なサービスです。 アプリの重要性に気づいていながら、 価格を理由に導入できなかった全国の中小零細ベンチャー企業に提供しています。

30代の90%以上がスマートフォンを所持しており、 50代でも66%と高齢者のスマホ普及率は著しく伸びています。 また、 スマートフォンでのアプリ占有率は85%、 スマートフォンの利用時間がPCを超えてから数年が経ちますが、 スマートフォンの中でもアプリの利用時間はWebブラウザの約5.6倍であり、 インターネットユーザーがスマホでアプリを利用しています。

そして、 プッシュ通知を確認するユーザーは95%、 アプリをダウンロードしてもらうだけでプッシュ通知が可能になります 。 スマートフォンのトップ画面に直接通知できるプッシュ通知は95%のユーザーが見ており、 閲覧率が0.1%のメルマガに比べて100倍以上の効果があります。 さらに、 リピーターコストは新規獲得コストの1/5、 常連客であるリピーターを維持するコストは新規で顧客を獲得するコストの5分の1以下であり、 アプリさえあれば新規客をリピーターとして常連化することが可能です。

つまり、 アプリがあるだけで売上を上げることができるのです。

しかし、 一般的なアプリを作りたいと考えたことのある中小企業の80%が予算100万円以下であるのに対して、 実際の見積りは平均で332万円、 最高が1,200万円、 最低でも180万円でした。 要するに、 アプリがあるだけで利用者数と常連客を増やすことができるのに、 価格がネックとなって中小企業にはアプリの導入が進みません。

そこで、 2019年7月にクラウド型アプリ開発プラットフォームの「アプリモ」をローンチいたしました。 これは従来300-1,000万円かかっていた一般的なビジネス系アプリを33万円から提供できる画期的なサービスです。 アプリの重要性に気づいていながら、 価格を理由に導入できなかった全国の中小零細ベンチャー企業に提供していきます。