海外ベンチャー企業の最新情報をお伝えする「ベンチャーサーチ」注目の海外ベンチャー企業をご紹介しています。

中間管理職と部下の“掛け違い”を脳科学×テクノロジーで無くすAI Cloud system「KAKEAI」が、経済産業省後援「第4回HRテクノロジー大賞」を受賞

前のページへ戻る

ピープルマネジメントナレッジのプラットフォームとして、ミドルマネジャー個人に眠る知見を広く展開される状態を創出した点を評価

株式会社KAKEAI(本社:東京都港区 代表:本田英貴)は、 経済産業省・株式会社東洋経済新報社等が後援する「HRテクノロジー大賞」において、 「注目スタートアップ賞」を受賞したことをお知らせいたします。 授賞式は2019年9月19日(木)赤坂インターシティコンファレンスにて行われます。

今回の受賞を糧に『世界中の人々が、 どこで、 誰と働こうとも、 一人ひとりがもっている人生の可能性が決して棄損されることが無い社会。 』の実現へ向け、 より一層サービスの進化をはかってまいります。

■審査基準

技術力・革新性・経営貢献・生産性向上・戦略性・社会的影響性の6つの評価基準にて審査されました。

■受賞理由(HRテクノロジー大賞から公表の文章 原文のまま)

「マネジメントというものが属人的なものに陥っていた理由として、 誰が(上司)、 誰の(部下)、 どのような状況において、 どのように関わり、 それを部下がどのように感じたか、 という項目の曖昧性が挙げられる。 これらの要素を、 脳科学や独自のUX・UIを用いてデータ化し、 目的に資する状態にまでプロダクトとして成立させている。 また、 マネジメントナレッジのプラットフォームとして、 個人に眠っている知見が広く展開される状態を創出した点」が評価されました。

■「HRテクノロジー大賞」とは

「HRテクノロジー大賞」(後援:経済産業省、 株式会社東洋経済新報社、 株式会社ビジネスパブリッシング、 HRテクノロジーコンソーシアム(HRT)、 ProFuture株式会社)日本のHRテクノロジー、 人事ビッグデータ(アナリティクス)の優れた取り組みを表彰することで、 人事領域の進化発展に寄与することを目的に、 今年第4回が開催されました。

公式HP: https://www.hrpro.co.jp/hrtech_award.php

■企業概要
株式会社KAKEAI

本社

        :東京都港区赤坂8-5-40 ペガサス青山508

設立

        :2018年4月

代表者       

:代表取締役社長 兼 CEO 本田英貴

資本金         

:71,993,200円

株主

            :当社役員、 MICイノベーション4号投資事業有限責任組合
         (モバイル・インターネットキャピタル株式会社)、
           鬼頭秀彰(元 株式会社リクルートホールディングス 常務執行役員)、 他

顧問            

:駒野宏人(岩手医科大学 薬学部神経学分野 教授〈脳神経科学〉)

アドバイザー

:William Laurent(ニューヨーク大学〈AIトランスフォーメーション〉)

特許            

:特許第6534179号 コミュニケーションについてのアドバイスを提供するコンピュータシステム、
                    プログラム、 方法

受賞歴         

:HR tech GP 2019 グランプリ、 第4回HRテクノロジー大賞  注目スタートアップ賞

TEL            

:03-6721-1176

URL           

:企業情報 https://company.kakeai.com
                    サービス https://service.kakeai.com