海外ベンチャー企業の最新情報をお伝えする「ベンチャーサーチ」注目の海外ベンチャー企業をご紹介しています。

iPLAB Startups、リアルテックスタートアップのアクセラレーションプログラム「TECH PLANTER」にプロフェッショナルパートナーとして参画

前のページへ戻る

【CIPOの育成を通じて、スタートアップのIP経営の支援を加速します】

特許業務法人iPLAB Startups(本社:東京都港区、 代表:中畑 稔)は、 株式会社リバネス(本社:東京都新宿区、 代表取締役グループCEO:丸幸弘)が展開する、 アジア最大のテクノロジー特化型シードアクセラレーションプログラム「TECH PLANTER(テックプランター)」にプロフェッショナルパートナーとして参画することを決定しました。 この取り組みを通じて、 iPLAB Startupsは、 スタートアップ企業にIP経営を普及させ、 CIPO(Chief IP Officer:最高知財責任者)の育成の支援を更に加速していきます。

 

 

 

TECH PLANTERは、 株式会社リバネスが運営する、 科学・技術を活かした新たな事業の創造を目指すベンチャー企業の発掘・育成を行うシードアクセラレーションプログラムです。 技術の種をビジネスに成長させる”プランター”としての機能を担い、 産学官とのネットワークを通じて、 大学に眠る「技術の種」の発芽をサポートし、 世界を変えるビジネスへと成長させていきます。 これまでに約600チームが参加し、 iPLAB Startupsの支援先ではACSL(株式会社自律制御システム研究所)やCLUE、 農業情報設計社、 エアロネクストをはじめ8社がTECH PLANTERに参加し、 事業会社との連携加速などを実現してきました。 また、 2019年7月には、 株式会社リバネスとLeave a Nest Singapore Pte. Ltd.が、 ACSLと提携し、 ACSLのドローン事業をシンガポール展開することが発表されました。

iPLAB Startupsは、 「技術によって市場を創造し、 知財によって産業を育成する。 」を理念とし、 社会課題を解決するために新たな産業を生み出すスタートアップを支援する知財専門組織です。 企業の無形資産を経営資源として活かすために、 特許やブランドをポートフォリオとして会社に蓄積し、 それを推進するCIPOの育成を支援する活動を続けています。 この活動を更に拡大すべく、 「TECH PLANTER」にプロフェッショナルパートナーとして参画することを決定しました。

引き続き、 iPLAB Startupsは、 Something New(これまでにないプロダクト、 これまでにないサービス)を知的財産の観点から支援するために、 特許事務所の枠組を超えたプログラムを立案、 実施していきます。

中畑 稔:特許業務法人 iPLAB Startups 代表パートナー
「創業期のスタートアップにとって「知財」の経営に対する相対的重要性は高いと言えます。 「TECH PLANTER」に参加するスタートアップが、 ヒト、 モノ、 カネ、 情報に続く第5の経営資源として「知財」を活用することができるように支援をしてまいります。 」

丸幸弘:株式会社リバネスグループCEO
「我々が支援するベンチャー企業にとって、 知財戦略・知財管理は成功を左右する非常に重要な要素の一つです。 iPLAB Startupsがプロフェッショナルパートナーに加わることで、 あらゆる技術の事業化を後押しし、 社会の課題を一つでも多く解決してまいります。 」

【関連サイト・記事】
TECH PLANTER
https://techplanter.com/

【iPLAB Startupsについて】
社名:特許業務法人iPLAB Startups
代表者:代表社員(代表パートナー弁理士) 中畑稔
所在地: 東京都港区六本木7-3-16六本木インターナショナルアネックス3階
事業内容:特許出願等の代理業務、 相談業務
ウェブサイト: https://www.iplabstartups.com/

【リバネスについて】
社名:株式会社リバネス
代表者:代表取締役グループCEO 丸幸弘
所在地: 東京都新宿区下宮比町1-4飯田橋御幸ビル5階
事業内容:知識製造業
ウェブサイト: https://lne.st/

<本件に関する報道関係者様からのお問い合わせ先>
「iPLAB Startups」広報担当 info@iplabstartups.com
「株式会社リバネス」広報担当 info@lne.st