海外ベンチャー企業の最新情報をお伝えする「ベンチャーサーチ」注目の海外ベンチャー企業をご紹介しています。

【株式会社フェノックス・ベンチャーキャピタル・ジャパン】 スタートアップワールドカップ日本予選 ファイナリスト トップ10社選出

前のページへ戻る

 

シリコンバレーに拠点を置くベンチャーキャピタル、 Fenox Venture Capital (本社:米国シリコンバレー、 共同代表パートナー兼CEO:アニス・ウッザマン、 以下 「Fenox VC」) がついにスタートアップワールドカップ日本地区予選で日本代表の座をかけピッチを行う10組のスタートアップを発表。 豪華審査員から高い評価を受けるのは、 どのスタートアップか。 出場スタートアップは以下のとおり。

  • セブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズ株式会社(洗濯物折り畳みロボット)
  • カラフル・ボード株式会社(感性を個別に解析するパーソナルAIの開発)
  • 株式会社お金のデザイン(ロボアドバイザー資産運用)
  • Empath(音声気分解析技術の提供)
  • ユニロボット株式会社(次世代型ソーシャルロボットの開発、 製造、 販売)
  • 株式会社FOLIO(テーマを選んで投資ができるオンライン証券)
  • ディライテッド株式会社(オフィス受付システムの開発と提供)
  • 株式会社エイシング(機械制御AIプログラムの提供)
  • メビオール株式会社(安全で高栄養価の農産物を生産するフィルム農法)
  • リアルワールドゲームス株式会社(位置情報ゲームプラットフォーム)

日本地区予選イベント当日は、 プログラム前半に、 「日本のスタートアップのグローバル化」を議題としたパネルディスカッションがある。 登壇者は、 日本を代表するトップ企業の日本マイクロソフト 代表取締役社長 平野拓也氏、 セガサミーホールディングス株式会社 COO 代表取締役社長 里見治紀氏とネットイヤーグループ 代表取締役社長 兼 CEO 石黒不二代氏。 モデレートを務めるのは、 一橋大学イノベーション研究センターの特任教授 米倉誠一郎氏だ。

プログラム後半のピッチコンテストでは、 書類選考で選ばれた上記10 社のスタートアップが英語でピッチを行い、 審査員による質疑応答のセッションがある。 審査員には、 インフォテリア 代表取締役社長 平野洋一郎 氏、 一橋大学イノベーション研究センター 特任教授 米倉誠一郎 氏 、 株式会社セガゲームス代表取締役社長 COO 松原健二 氏、 経済産業省 新規事業調整官  石井芳明 氏 、 gumi 代表取締役社長  國光宏尚 氏、 サムライインキュベート 代表取締役 榊原健太郎 氏、 そしてPlug and Play Japan Managing Partner のPhillip Seiji Vincent(フィリップ・誠慈・ヴィンセント)氏といった業界著名人が名を連ねている。

加えて、 大会当日までのツイッターでのツイート数に応じたマーケティングポイントも評価の一部として加算される。 応援するスタートアップに対しツイッターで投票すれば、 得票数に応じてそのスタートアップがポイントを獲得することができる。
※ ツイートの際には、 文章内に@SWC2018、 #Startupworldcup、 #応援する企業名(英語)を入れることでカウントの対象となる。
ここをクリック( https://ctt.ec/sm319 )してツイッターに投稿  ※○○を応援するスタートアップ名にして投稿。 #の後は英語のスタートアップアカウント名。

最終的に総合得点の最も高い1組が日本代表として選ばれ、 2018年5月11日(金)にイノベーションの聖地であるシリコンバレーで開催されるグランドフィナーレで、 各地域を代表するスタートアップと優勝投資賞金約1億円をかけプレゼンを行う。

また、 今回のスタートアップワールドカップ日本地域予選では特別に、 ファイナリストに選出されたスタートアップ10社のうち株式会社CAC Holdingsが選ぶ1社に「CAC特別賞」として投資賞金5000万円が進呈されるという特典つきだ。 更にCAC特別賞が贈られた一社は、 シリコンバレーで開催される決勝戦の滞在費及び航空券も与えられる。

日本地区予選イベント観覧ご希望の方はこちらから: http://ptix.co/2ubgMQd

【本件に関するお問合わせ先】
企業名: Fenox Venture Capital
担当者名: 西村紳
Email: nishimura@fenoxvc.com

編集部 担当デスク A