Spectee、第三者割当増資のお知らせ

前のページへ戻る

株式会社Specteeのプレスリリース(2017.10.04)
株式会社Spectee
Spectee、第三者割当増資のお知らせ
人工知能を活用したメディア向けサービスをさらに強化
Specteeは、 人工知能を活用したメディア向け情報配信サービス「Spectee」の強化、 および現在32ヵ国に提供する海外向けニュース動画配信サービスの促進、 また独自開発の人工知能エンジン「Spectee AI」(特許技術の)のさらなる開発の推進に向け資金調達を行いました。
株式会社Spectee(東京都新宿区、 代表取締役 村上 建治郎、 以下「当社」)は、 YJキャピタル株式会社(YJ2号投資事業組合、 東京都千代田区、 代表取締役 堀 新一郎)、 株式会社共同通信イメージズ(東京都港区、 代表取締役社長 小羽 真司)、 みずほキャピタル株式会社(みずほ成長支援第2合投資事業有限責任組合、 東京都千代田区、 代表取締役社長 齊藤 肇)、 株式会社アルコパートナーズ(東京都港区、 代表取締役 西田 尚弘)、 株式会社クオラス(東京都品川区、 代表取締役社長 大沼 渉)、 および元マイクロソフト社長でベンチャー投資コンサル会社「インスパイア」取締役ファウンダーの成毛眞氏らを引受先とする第三者割当増資を実施しましたのでお知らせします。

当社のリアルタイム・ニュース関連情報配信サービス「Spectee」は、 現在、 国内ではテレビ局や新聞社、 通信社、 ネット系メディアなど100社以上の報道機関の現場で運用されています。

また、 6月より開始している海外向けのニュース動画配信事業では、 AP通信社やニューヨーク・タイムズ社など現在世界32カ国のメディア企業に動画コンテンツの提供を行っており、 売上は好調に推移しています。

さらに、 当社の人工知能エンジンを応用した防犯・警備への活用も増えており、 先に行われた隅田川花火大会では、 警備の効率化の新しい手段として導入されました。

Specteeは、 現在当社独自に開発を進めている人工知能エンジンをこれまでの画像・動画解析の分野からさらに一歩進めて、 テキスト及び音声の分野での活用に向けて開発を進めています。

今回の資金調達は、 ニュース情報配信サービス「Spectee」を中心とした国内外の事業拡大のための人材採用およびマーケティングの強化、 さらに当社の人工知能エンジン「Spectee AI」の開発の促進にあてる予定です。

■ 株式会社Specteeについて

当社は「Reporting Realities in Realtime」をミッションに、 独自開発の人工知能エンジン(特許技術)を活用して、 インターネット上の動画や画像を瞬時に解析する技術を基盤として、 2015年に動画ベースのリアルタイム速報ニュースアプリを開発。 2016年3月にその技術を応用した、 報道機関向けのクローズドなサービス「Spectee」のベータ版をリリース、 その後「Spectee」を軸に多くのメディア各社向けに情報配信サービスを展開しています。

【 会社情報 】
– 会社名: 株式会社 Spectee (英語表記: Spectee Inc.)
– 代表者: 代表取締役 村上 建治郎
– 所在地: 東京都新宿区荒木町5-4 KUSAFUKAビル 5F
– ホームページ: http://spectee.jp/

プレスリリース画像ダウンロード

https://prtimes.jp/im/action.php?run=html&page=releaseimage&company_id=16808&release_id=6

当リリースの詳細について

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000016808.html

※このメールは自動送信されていますので、返信はご遠慮ください。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
■ 本件に関するお問い合わせ先
株式会社Spectee 広報担当: contact-pr@spectee.com

この企業からのメール配信停止  |  全メール配信停止  |  HTMLメール配信停止

発行:株式会社PR TIMES

Copyright (c) PR TIMES Inc. All Rights Reserved.

編集部 担当デスク B